JCBビジネスプラス法人一般カード審査

JCBビジネスプラス法人カード「一般カード」の審査の方法や口コミ・評判や対象、年会費、各種保険制度、健康サービス、得点、キャッシュバックや還元率、審査の時間、申込方法といったメリット・デメリットを紹介。

住信SBIネット銀行 JCBビジネスプラス法人一般カードの口コミと評判/審査/申込/対象/年会費/特徴/保険/特典/ポイント/サービス/キャッシュバック/還元率等

JCBビジネスプラス法人一般カードは、法人格(権利能力)のある事業体や団体、個人事業主(個人で事業を営んでいる人)が申し込み可能!{最短1週間でカードが手元に。企業者・個人事業主向けのスタンダードな法人カード。カードのご利用金額に応じた返戻金で、経費軽減が実現。ご利用値段に応じて、交通費や出張旅費の使用分が、月々最大3%返戻金(上限15,000円/月)。カードご利用可能枠は30万から100万円、海外でのショッピングガード保険も最高100万円が保証。業務の効率化、費用削減に役立つ多種多様のサービスを用意されている。!


JCBビジネスプラス法人カード「一般カード」の審査の方法や口コミ・評判や対象、年会費、各種保険制度、健康サービス、得点、キャッシュバックや還元率、審査の時間、申込方法といったメリット・デメリットを紹介。

JCBビジネスプラス法人カード「一般カード」のスペック表

住信SBIネット銀行Mr.カードローン■クレジットカード名
JCBビジネスプラス法人カード「一般カード」


■デザイン
通常モデルはシルバータイプ。


■カードの特徴
経営者と個人事業主向けのスタンダードな法人カード。カードのご利用代金に応じた返戻金で、費用低減が実現します。ご利用代金に応じて、交通費・出張旅費の利用分が、毎月最大3%返戻金(上限15,000円/月)。カードご利用可能枠は30万〜100万円、海外でのショッピングガード保険もMAX100万円が保証。タスクの効率化、経費削減に役立いろいろなサービスを用意しています。


■ご契約する対象者
・法人(企業・会社・事業体)と個人事業主(個人で事業を営んでいる人)


■年会費
1,250円(税別)
※使用者追加1名様ごとに1,250円(税別)
※一部初年度無料


■カード使用可能枠(総枠)
30万円〜100万円
※JCB法人カードを複数枚持っている場合、各カードには1つ1つご利用可能枠の設定がありますが、同一発行会社のカードで利用できる料金の集計は、カードの設定額のなかでMAX料金の範囲内となります。一部対象にならないカードもあります。


■旅行などの傷害保険(死亡・後遺障害の場合)
なし


■国内・海外航空機延滞保険
@乗り継ぎ引延出費保険金(客間料・食事代):なし
A出航引延費用等保険金(食事代):なし
B寄託手荷物遅延失費保険金(衣類購買費など):なし
C寄託手荷物紛失失費保険金(衣類購買費など):最高:なし


■ショッピングガード保険
海外のみ対応。最大100万円


■ETCスルーカードN(ETC専用ICカード)
年会費無料
※1枚のJCB法人カードに対して複数枚のETCスルーカードN(ETC専用ICカード)を申込みになれます。
※別途申込み書の提示が必要です。
※所定の審査により、希望の枚数を発行できない時があります。


■Oki Dokiポイントプログラム
※JCBカードの毎月のご利用集計料金1,000円(税込)毎に1ポイントたまり、多種多様な豊かなアイテム等に交換できる楽しい特恵です。
※プログラム内容は予告なく変更となる場合があります。


■JCB法人会員向け各種サービス
JCB法人会員向けに、仕事のコストパフォーマンス化、費用削減に役立つ各種サービスを用意しています。効用にあわせてサービスを活用ください。


■特典
・キャッシュバック
使用値段に応じて、交通費・出張旅費の利用分が、月毎MAX3%キャッシュバック(上限15,000円/月)
※ご利用総計代金が5万円までの場合、キャッシュバックの対象とならない。


■提携先
なし


■追加可
・ETCカード


■個人情報の開示、訂正、削除等会員の個人情報に関する問合わせ窓口

◆株式会社ジェーシービー お客様相談室
〒107-8686 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
TEL:0120-668-500


■提携信用情報機関

◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ず申し込みになるご本人の方がご入力ください。入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続きに際し、自宅またはお勤め先に連絡することがあります。
※本サービスのお申し込み受付は、日本国内に居住し、JCBの提携する金融機関にお支払い口座をお持ちの方に限ります。
※年末年始およびゴールデンウイークなどの長期連休は、カードお届けまでに時間がかかる場合があります。
※運転免許証や運転経歴証明書の交付がある人は、運転免許証または運転経歴証明書での本人確認が必要になりますので、必ず準備してください。尚、運転免許証または運転経歴証明書の交付の有無が確認できない場合、電話にて確認させていただきますので承認ください。
※当方へ送り届けた書類は返戻できません。"

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

ヤミ金に引っかからないために貸金業登録番号を確認!

住信SBIネット銀行Mr.カードローン キャッシングを行うための事業をする場合には、
営業所を置く都道府県、全国的に行うのであれば国(財務局)に「貸金業登録」をしなければならないことが決まりになっています。
このときに与えられるものが「貸金業登録番号」という番号です。
この番号は、チラシなど宣伝の際に絶対に表示する必要があり、
営業所の見えるところに登録の証拠を掲げなければならない、と法律で決まっているのです。
よって、この番号が明示されていない会社は、自治体や国への貸金業登録をしていない違法な業者ですので、闇金なのです。

「ということは、貸金業登録番号が記載されていれば、闇金とは違うから安心ですね!」
と思いたいところですが、実際はそう上手くいかないものです。
闇金でもちゃんと登録を終えていることや、既に使用されていない番号を勝手に使用していることがあるのです。

 とはいえ、そんな場合でも闇金か優良業者かわかるコツがあります。
実は、貸金業登録番号にはある法則があるのです。
例をあげるとある有名企業の場合、貸金業登録番号は「関東財務局長(11)第00022号」です。
有名企業は日本中に融資を行っているため、財務局へ申請しています。

ですので本社の存在する「関東財務局長」の認可が降りています。
その隣には「(11)」という数字がありますが、見分けるにはこの数字が重要です。

キャッシング業の事業認可は、3年経過するごとに更新する必要があるのですが、更新をすると、この括弧内の数が1づつ増えていくのです。
つまり、それまで(1)であったものが(2)になるのですね。
つまり先程の例の場合、11×3=33になりますので短く見積もっても33年間は登録を更新し続けてていることになります。

 反対に闇金となると、警察の捜査を逃れるために、同じ登録番号や商号を使い続けることはないのです。
つまり、たとえ貸金業の登録を行っても更新して使い続けることはまずないと見てよいでしょう。
なので、もし貸金業の登録番号を明示していたとしても、括弧の中の数が「1」だった場合はほぼ闇金と判断しましょう。

 また、貸金業登録番号はまとまってオープンになっているので、インターネットから検索することができますので、少しでもおかしいと感じたら照らし合わせてみることをおすすめします。